イベントページの公開範囲を設定する

イベントページは、多くの人に認知してもらうために、イベントの検索などで表示されるようになっております。

しかし、友人・知人だけで開催するプライベートなイベントの場合は、露出したくないことがあります。

その場合は、イベントの公開モードを変更することで制限することが可能です。

イベント管理の基本情報設定で、オプションの中にある公開モードを変更してください。

  • 限定公開にした場合は、イベント検索では表示されませんので、友人・知人にURLをお知らせするようにしてください。ただし、このURLをTwitterやFacebookでシェアしてしまうと他の人にもURLがわかってしまいますので注意してください。
  • 厳密に制限したい場合は、パスワード制限を選び、認証用パスワードを設定します。こうしておくと、URLにアクセスした際にパスワードの入力が求められます。パスワードを知っている人しか申込ができないようになります。

 

Powered by Zendesk